鍋プロとは

鍋プロの目指すもの

鍋プロ部は、能登鍋を通じて「鍋のように身も心も(懐も)あったまる地域づくり」をすることを目指しています。この言葉に鍋プロ部の目指す能登の姿が凝縮されています。

「身も」・・・能登の新鮮で美味しい食材を能登鍋として食べることで能登人や能登を訪れる人々が健康になる事。
「心も」・・・能登鍋を家族や友人、恋人同士で囲み会話を楽しみながら食べる事で心の安らぎを得る事。
「懐も」・・・鍋料理は大勢の人が一度に食べるため、実はエコな調理方法。勿論、電気代もお得になるので懐もあったまります。
「地域づくり」・・・鍋プロ部の活動はあくまで地域づくり。能登鍋を通じて能登の人々、能登を訪れる人々がそれぞれの立場で能登に触れ、能登を愛するようになることで、健康で心の安らぎと活気のある能登を次の世代に継承していくことを目指しています。

能登鍋コンテスト

あなたが創る「能登鍋」コンテストは、能登鍋の条件に合った鍋料理のコンテストです。鍋プロ部員に限らず、どなたでも参加できます。毎回、出品者のアイディアあふれる鍋と地域を元気にしようという熱気で、会場はホッカホカになります。

第3回 第3回 あなたが創る「能登鍋」コンテスト

☆第3回能登鍋コンテストは、平成22年2月28日、「のと・七尾再生まつり2010」との併催で行われました。

出品鍋一覧

1 鍋奉行賞 中島菜入り 能登つくね鍋 姫鱚いしり仕立(まいもん処 いしり亭)
2 灰汁代官賞 波の花鍋(ろばた焼 みつこま)
3   畑でとれた地元産野菜と親子で作る団子鍋 親子deクッキングなべ(子育て農業応援団)
4 鍋将軍賞 能登のめぐみ鍋(海ごちそう)
5   わくらしらゆき鍋(能登よさこい連絡協議会)
6   柳川風 能登ミルク鍋(和食処 正海)
能登鍋コンテスト 能登鍋コンテスト

過去コンテスト結果

第1回2008.01.31最優秀賞/五色つみれ雪み鍋(新城 純一)
第2回2009.02.04鍋将軍賞(最優秀賞)/春まち 能登鍋(民宿 せがわ)
  • 上記をクリックするとPDFが開きます。